Doctor's Column院長の一言コラム

Doctor's Column院長の一言コラム

GW中のできごと

 GWも明けました。当院は透析も行っているので、休みなしのGWでした。
透析患者さんの中には当院の送迎車を利用されています。
開院当時から、その患者さんのご自宅まで、送迎車に乗って、送り迎えをしてみたかったので
こそっと同乗しました。天気も良く、休みと言う事もあり、道はスイスイでした。
私が車に乗っているので、皆さん、一様にビックリされていました。
いつもはワイワイと車の中では話しに花が咲いているようですが、緊張されてか、静かなドライブとなってしまいました。
車が見えなくなるまで、患者さんの奥様が、窓から手を振り見送っていました。
帰途についた患者さんが車を降りられ、帽子を取って、それこそ私達の車が発進するまで、患者さん自身が見送ってくれていました。
いつもの事と聞き、とても感動しました。
こうやって、患者さんや、そのご家族が送迎に感謝してくれている。
私が知らないところで。
私は、その温かい気持ちが温かいままでいられるよう、一層、頑張らねばならないと思いました。


新年度のスタート

新しい年度がスタートします。3月は卒業、4月は入学など、節目を迎えた学生さんや、
社会人の方もたくさんいらっしゃるのではないのでしょうか。それぞれの夢に向かって、頑張ってほしいものですね。
ドジャースの大谷選手も、山本選手も、これまでと違った環境で力を発揮するのは難しいと思いますが、
開幕の滑り出しは、さすが一流と言わんばかりの活躍です。
そこには、技術はもちろんの事、ファンやチームメイト、球団首脳との良好な関係、信頼関係があるのでしょう。
皆様もお気づきだと思いますが、突き詰めれば、大谷選手、山本選手、かつてのイチロー選手のように
身体的、精神面の徹底的な自己管理が成せる技ではないでしょうか。
そこに集中できる環境は、自らが作り出していくものだと思います。
一歩、さらに一歩、健康そのものになれるよう、新年度のスタートを切っていきましょう。

                               2024年4月1日  院長

新年明けましておめでとうございます

2024年は列島の揺れ、炎で始まりました。遠く沖縄からも心を痛めています。
謹んで哀悼の意を捧げたいと思います。
我が身に置き換えて、この沖縄が仮に被災したらと思うと、さすがに不安になります。
「治に居て乱を忘れず」(易経)と言います。治とは、世の中の平和であり、
個人的には心や体の健康でしょう。
当院も早くも5年目に入り、コロナ禍も経て、乱の中でも治を忘れない気持ちで、
心を一新し、皆様も実りある一年にしようではありませんか。

                               2024年1月11日 院長

院長の一言

コロナ禍や東欧での戦争、温暖化と思われる気候変動など、世の中を取り巻く荒ぶる情勢の
中、開院してあっという間に3年が経とうとしています。良きスタッフと心を合わせて、患
者さんの為、地域の為にという旗印の下、頑張らせて参りました。院内もさりげなく、ハロ
ウィンの飾り付けや正月であれば正月の装いなど、楽しくなるような雰囲気や、皆様が元気
の出る様な診察を心がけて4年目に突入したいと思います。

                              2022年10月27日 院長

3周年のお祝いでお花を頂きました。
     ⇓⇓⇓⇓⇓⇓

院長の一言

憂いることの多いこの世相に、「一隅を照らす」ことの重要さをしみじみ思います。開院して
2年半が経過し、コロナ禍と共に歩んで参りました。少しずつでも、地域の皆さんの健康に
寄与できれば幸いです。2022年4月より、沖縄県透析会の南部ブロック長となり、現在
主に透析関連の災害対策を進めています。院内外、忙しさが加速しつつあるのを実感して
います。今朝も雑巾掛けから始まり、感謝で締める一日となりました。

                                  2022年7月17日
                                       院長

Doctor's Columnスタッフブログ

沖縄県人工透析研究会2024

皆さま、こんにちわ(^O^)
遅ればせながら、今年の3月に毎年恒例の
『第41回沖縄県人工透析研究会2024』に参加してきた模様を報告します!!


今年は初めて外来からも演題を出させていただき、
新たに立ち上げた『腎代替療法選択外来』について発表してきました(^^)/

クリニック勤務となり、このような発表とは無縁だと思っていましたが、
外来スタッフが頑張ってやってきたことを外に紹介する良い機会だと
思い、スライドも頑張って作成し発表してきました☆


沖縄のクリニックでは珍しい『腎代替療法選択外来』
簡単にご紹介しますと、腎機能が低下した患者さまに対し
ご自身の腎臓に取って代わる治療法を紹介し、選択いただく外来です。

詳細については、また別途ブログのほうで紹介していきたいと思います!

大舞台での発表、とーーーーっても緊張しましたが、
無事に終えることが出来て良かったです(^^♪

来年の42回目は、当院の院長が大会会長を務めることになりました☆
よって、外来からもまた演題を出すのかな???笑
いつ声がかかってもネタ仕込み中です( *´艸`)φファイト

腎機能について、些細な事でもご相談がある場合は
当院へご連絡ください(^O^)

外来 看護師

AED講習会

皆さま、こんにちわ(^O^)
先日当院で、医療者以外のスタッフ向けに実施した『AED講習会』についてご報告します★

今となっては良く目にするAEDだとは思いますが、皆さん
使用方法をご存じですか?電源を入れ、アナウンス通りに実施可能とは言われていますが、
AED装着以外にも急病人を目の前にできることはいくつかあります!
そちらも含め、紹介したいと思います(^^)/

今回、琉球光和さんのご協力のもと、人形を使用し講習会を行いました。


まずは、倒れている人を発見したら発見者は以下のことを実施しましょう!
➀その場を離れずに倒れている人に大きな声で呼びかける。
➁人を集め、AEDを持ってくるように呼びかける。
➂救急車を要請するように呼びかける。

大きな声で呼びかけた時に反応がなければ心肺停止の可能性があります。
可能であれば心臓マッサージを開始しましょう!(心臓マッサージのやり方はネットで調べてみてくださいね☆)
心臓マッサージは痛みを伴うので意識を取り戻す方もいます。その際は心臓マッサージをやめましょう。AEDも不要です。
意識が戻らない場合はそのまま心臓マッサージを続けましょう!AEDが到着するまで頑張って続けましょう!

AEDが手元に到着したら・・・
➀スイッチをONにし、音声案内に従ってAEDを装着します。
➁AEDが自動解析をし、電気ショックが必要か判断をします。
➂電気ショックが必要な場合は急病人から離れて『ボタン』を押す。
 ※心肺停止の場合は電気ショックは不要です。すぐに心臓マッサージを再開する。
➃電気ショックが与えられた直後より心臓マッサージを再開する。(AEDを装着したままでOK)
➄時間が経てば再度AEDの自動解析が始まるため、電気ショックが必要な場合は心臓マッサージを中止し『ボタン』を押す。
急病人の意識が戻る、か、救急車が到着する、まで、この一連の流れを繰り返します。

人数が複数いる場合は心臓マッサージは2分間を1クールとし、交代で行うのが理想です。
事務さんや運転手さんなど医療者ではないスタッフが交代で練習を繰り返しました。

頭では分かっているつもりでも、実際に体験してみると「こうした方がいいね」や「こうするんだ」と
新たな発見があり皆さん真剣に取り組んでいました(^^♪

一概に、AEDでしょ!出来る出来る♪と思っていても、実際にはAED装着以外にも、できることは沢山あります!
また、実際に人が倒れているのを目のあたりにするとビックリして咄嗟に行動が取れるか不安にもなりますよね・・・
そのため、日頃から当院では様々な場面を想定してスタッフ間で勉強会やシミュレーションを行っています(^^)/

皆さんも一度AEDについて調べてみてください(^O^)!!
何か分からないことがあれば、いつでもスタッフに聞いてくださいね☆


第27回日本透析アクセス医学会学術集会

令和5年11月18日~19日の2日間にわたり、静岡県の富士市で開催された
第27回日本透析アクセス医学会学術集会に参加しました。この学会は透析の
患者さんの血管、いわゆるシャントに特化した専門学会です。
 昨年は参加のみでしたが、今年は穿刺教育に関する演題発表をしました。
また、教育セミナーを含め、他施設の発表を聴講し新しい知識、技術を得る事
が出来ました。今回の会場、富士市は富士山の絶景ポイントばかりで、滞在期間は
清々しく学会に望めました。また、機会があれば参加したい、魅力ある学会でした。


    

サプライズプレゼント

患者様から素敵な手作りのプレゼントをもらいました。

これまでにも絵画や手作りの作品をいただいており、

スタッフ・患者さんの気持ちをなごませています。

来院の際は透析室のラウンジに飾っていますのでぜひご覧ください。




第68回 日本透析医会学術総会

沖縄は台風6号も過ぎ去り、もうすぐ旧盆が始まります。
皆様はどうお過ごしでしょうか?

6月16~17日 神戸で開催された、第68回 日本透析医会学術総会に透析室から
師長と技士長がそれぞれ参加・発表してきました。

コロナ禍での透析室の感染対策やエコー下穿刺の教育について発表しました。

全国のいろんな施設の発表を拝聴し、モチベーションのアップに繋がりました。
学会で得た知識や情報を患者様へ還元できるよう頑張っていきます。


Contactお問い合わせ

透析室専用番号

受付時間

日・祝

8:30~11:30

13:30~15:30

所在地
〒901-0223
沖縄県豊見城市字翁長864-8 N'sビル 2F
交通アクセス
■「沖縄アウトレットあしびなー」から東へ約800m
■「旧豊見城市役所」前の翁長北交差点から西へ300m
休診日
水曜午後・土曜午後・日曜・祝祭日
台風について
公共交通機関が運休になった場合には、
臨時休診致します。
患者様にはご迷惑をおかけいたしますが、
よろしくお願い致します。